補聴器の役割も果たす骨伝導集音器の京の匠株式会社

骨伝導集音器とは

骨伝導集音器は、本来人が持つ「聴く力」をトレーニングするものです
骨伝導集音器は、人との交わりを円滑にするものです
聞こえの悪い状態を放置しないで一度試してください。違った体感があると思われます

聴力が低下し、聞こえが悪くなると小さな声は聞きづらくなり、又言葉の聞き分けが悪くなり、話の内容が正しく
理解出来なくなったり、聞き間違えたりします。

聞こえが悪い為に人の話が満足に聞けず、聞く言葉が不正確であれば内容を理解し、判断し、自分の考えや
要望等を的確に言葉で表す事が出来ず、日常生活や社会生活に支障を来します。何故なら、人との交わり
無くしては日常生活や社会生活は成り立たず、人との交わりは円滑なコミュニケーション無くしては成り立た
ないからです。

更にもう一つ、聞こえの悪い状態を放置しておくと脳への悪影響がある事も知っておくべきでしょう。脳は耳から
受取る音や声を処理、分析し、それに基づき判断し、理解し、思考していますが、脳細胞は使っていても日々
壊れるもので、ましてや音や声の刺激が乏しくなれば脳の聴覚関連部位の活動は不活発になり、加速度的に
衰えが進みます。これを防ぎ、脳を“救う”為にも聞こえを改善し、脳に十分な刺激を与え続ける必要があります。

現在の医療では多くの場合、難聴を治す事は出来ません。
そして、唯一の対処方法が補聴器を使用する事で、
これにより「聞こえの問題は軽減、改善され、人とのより良いコミュニケーションが得られ、良好な人間関係が
構築出来る」、と良い事尽くめですが、何故に補聴器は敬遠されるのでしょうか?

骨伝導ヘッドフォン紹介映像

取扱商品